YouTubeコンテンツIDで配信者特定

YouTubeを活用して自分自身の撮影した動画などをアップしていくのであれば、当然ですが誰かに悪用されてしまうようなことは避けたいものです。近年では自分で編集する動画に自分だとわかるような特定サインなどを入れるクリエイターさんなどもいるようですが、それでも悪用されてしまうことがあります。万が一悪用されてしまった場合には、誰がその動画を作ったのか、そして、どのような場面で配信を行ったのかということを調べた上で、法的手段に出ることもできます。

しかしながら自分自身が作り配信した動画だという事が証明できなければ法的手段に出ることはできません。そこでYouTubeコンテンツIDを取得し、動画の配信者を特定する方法があります。YouTubeコンテンツIDを取得すればこのコンテンツIDを使って自分専用のページを作り、そこで配信することができるのです。万が一どこかで悪用されてしまった場合にも明らかにご自身のYouTubeコンテンツIDが設定されたページからダウンロードされ悪用されているということがわかるでしょう。

YouTube側に調査依頼を出す上でもこうしたコンテンツIDはとても重要な存在となります。YouTubeコンテンツIDを取得していれば運営側に調査してもらう際にも、自分がどのタイミングでその動画をアップロードしたのかが明確にわかるようになります。

YouTubeコンテンツIDで広告収入

YouTubeコンテンツIDはGoogleアドセンスと連携しているため、Googleの一部機能となっている広告収入を得るためにわざわざGoogleでアカウントを取得せずとも、YouTubeコンテンツIDを使って広告収入につなげることができます。ブログやホームページなどといったツールを活用している方であれば、ここにYouTubeコンテンツIDと連携させたグーグルアドセンスの広告を貼り付けるだけとなります。

また、自分自身が動画を配信しているのであれば、配信しているページのYouTubeコンテンツIDをGoogleで使用するブログなどに貼り付けておくと視聴率がどんどんアップしていきます。YouTubeコンテンツIDを取得した後、動画の視聴数が一定数を超えることで自動的に広告を挿入することができるようになります。

このような機能を上手に活用していくためにもYouTubeコンテンツIDを取得してみてはいかがでしょうか。Googleアドセンスの活用方法も難しいものではなく、申し込み登録をした後に自動で広告を配信するも、しくは自分のブログやホームページにピッタリな広告を選んで貼り付けておくだけというものになっています。GoogleアドセンスとYouTubeにアップした自分の動画を同時に活用していくためにも、YouTubeコンテンツIDは役立ちます。